So-net無料ブログ作成
検索選択

独断と偏見によるイケてる聖者像

大学の休みも終わりに近づき、私としてはここ一番逃避的思考に走りたいところである。

そこで、「どういうお坊さんだったら、イケているのか。」
この永遠のテーマについて独断と偏見で語ってみたいと思う。

まず、大前提として仏教思想に関するエキスパートでなくてはならない。お坊さんである以上、初期仏教からはじまり、中観、唯識、論理学など仏教の諸学をきわめていて欲しい。むろん、ユーモアのセンスにあふれ話術もたくみであると申し分ない。とつとつとしゃべる誠実さも捨てがたいが。

そして次に重要なのは、仏の教えを口で唱えるだけでなく、現実に人格に反映させてくれ。つまり、エゴを、煩悩を、可能な限り克服していること。これはじゅーよー。

煩悩を克服しているとはすなわち、

無欲で、克己心が強く、温厚で、誠実で、清潔感があって、色にたとえるなら真っ白で、自分に厳しく、他人にやさしく(具体例 → 他人に責任を転嫁したり、自分を偉く見せようとしたり、弱い自分をまもるため他人を攻撃するなんて性格はもってのほか。)信仰深く、猜疑心がなく、謙虚で、できれば独身がいい

事実、私の知る限り、独身の聖職者は仏教、キリスト教を問わず女性信者に圧倒的に人気がある。誰の者にもならない、神の、あるいは仏の教えに身を捧げたという聖性が、女心をくすぐるのである。

こう書いてみると「まあダライラマ猊下のことだわ」というベタな冗談はさておき、仏教の教えのエクスパートという部分をのぞけば、イイ男、イイ女のタイプと重なる部分が多いことに気づく。

世の中にはチョイワルの男や女にホンロウされて喜んでいる変わった人もいるので一概にはいえないが、多くの人々の心をつかみ、安らがせるタイプの人は以上にあげたような性質を備えている。

仏青の若者たちよ、このような僧侶に近づく努力をしてくれ。このような僧侶が増えれば、犯罪はへり、心をやむ若者もへり、景気は上向き、私の仕事ははかどり、わたしの精神衛生も格段に向上することだろう。

あーあ、休みも終わりかあ。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 6

千葉@小坊主

それはまさしくダライラマ猊下のことではありませんか(笑)
インテリジェンスとユーモアと理論と実践と行動力と清潔感と影響力と謙虚さを兼ね備えている。
ひとつの模範ですね。
目標としては遠大ですが、理想としては常に目の前にいる。そんな存在です。
by 千葉@小坊主 (2006-01-09 18:07) 

千葉@小坊主

ついでに言うと僕は仏教に深く傾倒してるけど僧籍は持ってないし、できれば独身で終わりたくないし(爆)

今の自分にできるところから始めたいと思います。
在家者としての仏教青年の役割について考えています。
by 千葉@小坊主 (2006-01-09 18:26) 

ジーマ

中庸が大事なのでは。
by ジーマ (2006-01-10 04:28) 

ishihama

ジーマ君、久しぶり。もうすぐ卒業だよね。
中庸ゆうても何と何の間かが問題だけどね~
by ishihama (2006-01-10 08:01) 

破顔

すみません、ヤフーブログが反応しないので2回同じ操作を繰り返したら、2重トラックバックになってしまいました。削除しようとしたのですがうまくいきません。
ごめんなさい
by 破顔 (2006-01-30 11:27) 

ishihama

>削除しようとしたのですがうまくいきません
何とかしてみます。たぶんできるはずです。
ちなみに、このぶろぐのおいてあるSonetも、破顔くんのYahooも、サーバー負荷がかかりすぎていて、使いかってが悪い。
ただブログの宿命といっちゃあ仕方ないが、もう少しなんとかならんものか。
by ishihama (2006-01-30 12:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。